トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

Summer '07 New P500 Announcements(GMT)

Summer '07 New P500 Announcements and Customer Update

色々出てきました。N村的チェックはこのあたり。

Combat Commander: Battle Pack #1 - Paratroops
Commands & Colors Expansion #3: The Roman Civil War
Hellenes ←積み木のペロポネソス戦争
Ship of the Line ←Flying Colorsモジュール

そしてこれが気になる……。
Leaping Lemmings

またメール障害の話が下の方に。
先週送ったメールに未だに返事が来ないのはこのせいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gamejournal23号:到着

届きました。

_20070529

付録は馬防柵の会戦級戦国ゲームで姉川と長篠の2シナリオ。
最後にこのスケールのゲームをしたのはSamurai(GMT)のような気が。
よくありそうで、意外とプレイしていないテーマです。

そして次回予告の「アルンヘム強襲」システムで三軍統合レイテ戦に@@

Gamejournal 23号:信長戦記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀河大戦記(Tactics#68):05/27GCS

ゲームサークル坂戸5月例会にて6人プレイ。

今は無き月刊時代のTactics誌65号の付録の領土拡張系のSFマルチゲームで。
各プレイヤーは銀河周辺部の母星からスタートし、銀河中心まで本拠地を進めるか、時間切れ時点で最も銀河中心近くまで本拠を進めていたプレイヤーが勝利します。
この勝利条件のため、辺境制圧の静かな序盤から、銀河中心空域で各勢力の本拠がひしめき合う終盤の大決戦まで、ゲームの流れが自然に誘導される仕掛けになっています。

_2007052703

今回のN村は、隣で平行して駒を進めていたGiftzwerg氏の母星を撃破して一時はトップに踊り出ます(写真の赤陣営)。

しかし最終兵器を含む残存Giftzwerg艦隊(写真左中の紫スタック)との戦闘で主力艦隊が壊滅、返す刀で母星を撃破されて脱落。その後は艦隊を再建するも、続々と最終兵器をロールアウトさせてきた列強には歯が立たず。列強に返り咲けずに敗北。
勝者はMotherland氏(黄色)との最終決戦に勝利したS野氏(紫)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Combat Comander:05/27GCS

坂戸5月例会にて、FOREIGNER氏と2連戦。

Combat_comander_2007052601

まずはシナリオ2:Hedgerows & Hand Grenadesを米軍で。
「撃たずに走るプレイ」を試すべく、Smoke GrenadeとMove,Advanceを溜め込んで前進開始。砲撃要請も煙幕中心で右翼からニョロニョロと浸透。Eliteを前面に立てての白兵戦の連続で、中央の屋敷まで制圧して勝利。
やはりSmoke Grenadeが標準装備で比較的火力の高い米軍の場合、煙幕浸透は非常に有効でした。あとは独ソでの攻め方を考えねば。


Combat_comander_2007052603

続いてシナリオ6:Paralyzed from the West Downを再び米軍で。
分散した独軍前哨部隊を各個撃破しながら左翼から突破。そのまま右旋回して中央の部隊を撃破すれば勝利は堅い楽観ムードの米軍。ところがその目前のに突如出現した独軍Heroにより、白兵戦で楽勝と思われたHMG分隊が侮りがたい障壁に化けます。
これで戦線が膠着し、時間切れも迫る一点を争う展開となりましたが、最後は火力で押し切ってVP一個分隊分の僅差で米軍勝利。

最後は相手代わってS野氏と、シナリオ1:Fat Lipkiを独軍で。
双方カード回りが悪く動けない序盤から、先に移動カードを得た独軍が交差点一帯を制圧。
手詰まりとなった農場付近を放置して、ソ連側は別働隊による森からの侵攻に活路を見いだしますが、森中白兵戦で待ち伏せ連発を受けて壊滅。損害サドンデスで独側勝利となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-16ファイティングファルコン(エポック):05/26GCS

坂戸5月例会にて、FOREIGNER氏持参の同ゲームをプレイ。

お互いプレイしたことがなかったため、MiG21とF-4の4対4でお試しプレイ。当方ファントム編隊です。

最初のヘッドオン状態からのスパロー斉射では、MiG1機が脱落。
2-2で左右に展開したF-4に対し、MiGは3機で中央を突破してインメルマンターン。分散したF-4編隊の一方を集中攻撃し、HSミサイルで全滅させます。
この間に残ったF-4は背後に回り込み、MiG2機をHSミサイルで相次いで撃墜。残ったMiGも2機のファントムに挟まれて撃墜されました。

初心者同士の乱打戦で、差し違えながらRHMの優越で生き残った格好となりました。プレイ時間は1時間ほど。

プレイしての感想ですが、機動マトリクス形式の機体データのプレイしやすさは評判通りでした。
また順番に機体姿勢を決定し、その後に実際の移動をおこなうシークエンスも秀逸です。姿勢変更と移動を別のステップにしたおかげで、非プロットゲームながら相手の機動を読む要素が加わって巧いアクセントになっていると思います。
難を言えば、ミサイルが非常に当たりやすく、撃ち合いが大味になてしまうところでしょうか。

3in1の初心者ゲームということで見落とされがちな一作ですが、空戦ゲーマーなら一度はプレイしていただきたい佳作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Flying Colors(GMT):ルール翻訳

去年作った和訳ルールを見直し中。
割とどうでも良いことでも、一旦手を入れ出すと切りがないので困ります。
この作業が終わったら、出すところに出す予定です。

Flying Colors(GMT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Guild of Blades:ゲームのダウンロード販売

昨日の書泉にて、カード2デッキ分くらいの小さな箱入りのゲームシリーズを発見しました。見たことのないメーカーでしたが、チープな作りからして新興のDTPメーカーの模様。

ざっと見たところユトランド、テルモピレー、バーバリーコースト、ボリビア戦争などやる気があるのかないのか微妙なタイトルが並んでいます。ここは人柱としてボリビア戦争でも……と思って手にとったところで、$4.95に\3,000台の値札が付けられているのを見て理性を取り戻しました。勢いが足りません。

帰宅してから記憶を頼りにgeek経由で捜索してみたところ、やはりDTPメーカーの模様。あまり評価は高くないですが、商品一覧はなかなか壮観です。

Guild of Blades Publishing Group

また半額程度でコンポーネントのPDFダウンロード販売も手がけているのが面白い。購入前に思いとどまって良かった。打ち抜きユニットが製作できず、どうせ加工が必要ならこういう販売方法もありかと感心しました。

で、ゲームとしてはどうなんでしょう。
どなたか手を出してみた方はいらっしゃいませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sealords(S&T243):今日の獲物

Sealords_2007052301_2

S&T最新号。仕事で都心に出たついでに書泉にて購入。

ベトナム戦争メコンデルタでの陸海空統合作戦で、デザインはミランダ先生(そこ、逃げないように)。

偵察能力次第で先行撃ち逃げが可能なシステムは、懐かしのHoly War: Afghanistan(S&T147)を思い出させます。そういえばあれもミランダでした。

しかし最近のS&Tってスクエアマップ好きですね。何か思うところがあるんでしょうか。

SEALORDS:The Vietnam War in the Mekong Delta(S&T243)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-16ファイティングファルコン(エポック):追加データ収録記事

ゲームサークル坂戸掲示板への書き込みより転載。
折角なので一覧を残しておきます。

掲載誌はすべて「シミュレイター」

No.6 F-16ファイティングファルコン デザイナーズノート(正誤表あり)
No.8 F-16地上攻撃オプション(爆撃ルール)
No.12 大平飛行訓練学校・対艦攻撃ルール(A-4,F/A-18データ,ユニットあり)
No.14 大平飛行訓練学校・F-16における編隊戦術(追加シナリオ*1,MiG-29データあり)
No.15 大平飛行訓練学校・ヨーロッパの空へ(F-5データあり)

元ゲームは入門ゲーム3in1セット(シミュレーションゲーム入門2)の収録作ですが、意外にサポートに力が入っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Combat Comander(GMT):05/20SBGC

本日のメインゲーム。hatsu氏、帝王M崎氏、Fu氏、DKH氏らを相手に夕方まで連戦していました。
ようやくまともなルールで動かせるようになってきて一安心。
とか言いながら間違い覚書。

  • Targeting Rollはd*dの掛け算。
  • 射撃防御時のCoverは防御側モラルの修正値。
    (射撃の可否(FP>0?)を確認する場合のみ、攻撃側FPの修正値となる)

今回は全般に攻撃側が進めずに攻めあぐねる展開が多発。
移動カード枚数のバランスが悪いんじゃないかという指摘がありました。
無駄な半端射撃でカードを浪費しているのが問題のように思えるので、もう少し撃たずに走るプレイを試してみたいと思います。

余談ですが、現地でお会いした「積み木の老親衛隊」の水池氏によると、Combat Comanderの和訳ルールのダウンロード数は既に千を超えたそうです。重複もあるかと思いますが、特定のタイトルに対する感心を持っている人がこれほど居たことに驚愕。

漠然とアクティブな国内ゲーマー数は百人単位なのではないのかと想像していました。

しかしその割にプレイしたという話はあまり聞かないのが哀しいところ。

#まぁ少々アレなゲームだとは思います。

Combat Commander:Europe(GMT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Acquire(AH):05/20SBGC

ホテルチェーンを建てて株を買い、合併させて利益を得る投資ゲーム。

杉並5月例会にて、朝の待ちタイムにまずはAcquire(AH)を6人プレイ。
以前から評判は聞いていた古典的な名作ですが、実は今までプレイ機会がなく、今回が初プレイです。

ホテルの規模を大きくすると、それにつれて株価も上昇。この利鞘で資金を稼ぎます。しかしゲーム中に資金の補充はなく、購入した株は合併吸収時以外に売ることができません。このため運営資金を稼ぐためには株を持つホテルを適宜潰す必要がある点が味噌。

購入した株は運営資金捻出用なのか、最終的な資産形成のための投資なのか、シンプルなルールの中でシビアな判断が要求される大変厳しいゲームという印象でした。

ちなみにプレイでは、序盤に合併に絡めず大量の持ち株が不良債券化。手詰まりとなって最下位でした。トホホ。

Acquire

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Combat Comander(GMT)ソロプレイ

幾つか気になっていたルールの確認を兼ねて、シナリオ3をソロプレイ。

とりあえず回復・白兵戦・機会射撃を中心に、かなり恥ずかしいルールの間違いをしていたことが判明。我ながらどういう誤読をしていたのか理解に苦しむミス。
GGGでプレイのお相手をしてくださった皆さん御免なさい。次は正しいルールで持って行きます。

プレイは米軍が右翼石垣沿いから目標邸宅の後方まで回り込みましたが、突入前に時間切れアウト。独軍の防衛成功に終わりました。

とはいえ米軍最強の兵器は無線機だという思いを再確認するとともに、二番目に強力なのは豊富な発煙弾のような気がしてきました。煙幕恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐突に開設

ひっそりと開設してみました。
ゲーム関係はこちらに持ってくる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年6月 »