« [しのぐ日記]より:Tide of Iron の評価 | トップページ | Combat Comander 三戦:07/22GCS »

Red Devils:07/21GCS

マーケットガーデン作戦の第一空挺師団担当戦区ゲーム、Red Devils をFOREIGNER氏をお相手にプレイさせていただきました。
空挺作戦3in1ゲーム Paratroop(SPI) 収録のミニゲームです。

Paratroop:Red Devils(SPI)

マップの収録範囲はネーデル・ライン北岸一帯。初日の空挺降下判定から開始し、五日目までをプレイします。勝敗はアルンヘム市街と、その西方に広がるVPヘクスの支配で争われます。
ユニットは大隊規模。独特なのは大半のユニットが2ヘクスの射程を持っており、射程内を移動する敵ユニットに対して、移動ヘクスごとに防御射撃を実施できます。これは最低コラムでも1/6で混乱して移動をストップさせられる効果があり、一種の広域ZOCと言えそうです。スクリーン状に展開した部隊の警戒線を巧く表した面白いルールだと思います。

今回は当方連合軍側でプレイ開始。
最初に懺悔ですが、ポーランド軍の降下ターンを間違ってプレイしていたことがプレイ終盤に発覚しました(ユニット裏面の9と6を読み違えた<馬鹿)。
このため「ポーランド軍が予定通り早期に降下できていたら?」というifシナリオであるとしてプレイは続行されています。
粗忽者で失礼しました>FOREIGNERさん

Para_red_devils_2007072106第1ターンの降下は、除去が1ユニットのみと比較的すんなりと降下成功。しかし部隊の八割方が混乱状態で、まともに動ける部隊はほんの数ユニット。それでもなんとか数ユニットがごり押しで突っ走り、アルンヘム市街中心部に突入します。橋には一歩届きませんでしたが、全体的にそれらしい配置につけたのでご満悦の英軍プレイヤー。
ちなみにユニットはSPI純正ではなく、FOREIGNER氏のお手製です。

Para_red_devils_2007072113独軍の反撃は、アルンヘム市街とその回廊へ。市外に展開した砲兵を活用し、独軍は毎ターン最高比の攻撃を実施。英軍は市街地の防御効果で堪え忍びますが、さすがに順次市街を叩き出され、最終ターンにはアルンヘム市西端の1ヘクスに引っかかっている状態に。
また市街への回廊は、一時防御部隊が捻出できなくなる損害を受けましたが、翌ターンに降下したポーランド軍が颯爽と登場。首の皮一枚で連絡線を繋ぎます。実際はこの時点ではポーランド軍は降下していなかったわけで、図らずもポーランド軍の登場時期が勝敗を分けた展開となりました(と、もっともらしいことを書いておきます)。

Para_red_devils_2007072118こうして最終ターンまで戦線が崩れなかったため、アルンヘムからは追い払われたものの空挺保を保ってゲーム終了。連合軍勝利で終了しました。ルールをミスしておいてなんですが、ポーランド軍があのタイミングで来なければ、結構バランスもとれそうな雰囲気でした。

簡単ですが作戦戦術級風のシステムも好印象で、これはCreteもプレイしてみたいですね<Eben Emaelと言わないのが小心者

|

« [しのぐ日記]より:Tide of Iron の評価 | トップページ | Combat Comander 三戦:07/22GCS »

WWII」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Red Devils:07/21GCS:

« [しのぐ日記]より:Tide of Iron の評価 | トップページ | Combat Comander 三戦:07/22GCS »