« Arkham Horror:GGG02/10 | トップページ | CC:E Scenario Generator »

Totensonntag:GGG02/10

 続いて持参した Down in Flames のキャンペーンシナリオをプレイしようかと思ったのですが、シリーズ寄せ集めの持参セットに抜けが多く断念。
 仕方ないので DiF は置いておいて、新作を買い込んできた海賊10番氏の獲物を見物。なにやら渋いところを攻めてきた同氏です。

The Campaigns of King David(CoA)

World at War:Eisenbach Gap(LnL)

Corps Command:Totensonntag(LnL)

 King David はノーマーク。こんなの出していたんですね>CoA

 今更のWW3のWorld at War は、攻撃・防御共にヒットダイスをつかう6出ろシステムの戦術級。Tide of Iron の防御ロールをもう少しアクティブに発展させたイメージ。自分でも夢想していた方向の発展なので、これは是非プレイしてみたい。

 とりあえず今回は、コンポーネントも小さめでルール8Pと敷居の低そうな Totensonntag を海賊10番氏とプレイしてみました。その場でカットしてルールを解読しながら動かしてみます。コンポーネントは Lock 'N Load らしく綺麗な仕上がりで、このサイズのゲームにしては珍しくハードマップが同梱されているのが目を引きました。小さいため折り癖が矯正しにくいのが玉に瑕。

Corps Command:Totensonntag(LnL)

Cc_totensonntag_2008021002a

 大隊・連隊ユニットで、クルセイダー作戦の Sidi Rezegh 付近を切り取った作戦級ゲーム。ちょうどロンメルアフリカ軍団(翔企画)の真ん中付近を抜き出したようなイメージです。
 扱う期間は1ターン1日で6ターンというスケールですが、1ターンに同じ内容のインパルスを4回繰り返すので、実質24ターン。各ターンの間には夜間処理として損失ステップの回復手順が挟まります。
 各インパルスの開始時に両プレイヤーはダイスをロールし、この結果をユニットのイニシアチブ値を比較。この大きな側が先攻となるほか、ロール結果以上のイニシアチブ値を持つユニットのみがそのインパルスに活性化することができます。ユニットのイニシアチブ値の設定は、偵察大隊・独軍戦車の5から、非機械化歩兵の2まで。ロールの結果により活動できる部隊の数は天と地の差となります。当然6の目を出してしまうと実質一回休みとなりますが、この場合は翌インパルスのイニシアチブロールの出目を任意に決定できるという救済処置がとられています。攻勢の準備期間のイメージ?
 活性化したユニットは、ユニット単位で移動・攻撃・オーバーラン(移動後に攻撃:戦車・偵察のみ)を逐次解決。ちなみに戦闘は一種のファイアパワー方式で、反撃なしの殴り得です。このためイニシアチブ値の設定と相まって、歩兵部隊が拠点防御に努める中を装甲部隊が縦横に暴れ回るゲームとなります。

 今回のプレイでは、N村英連邦軍の第7装甲師団が Sidi Rezegh に突進。迎撃する第21機甲師団との間で戦車戦が発生しますが。しかし独軍の攻撃・イニシアチブのダイスがまったく振わず、英軍損失ユニットなしで第21装甲師団が半壊(英軍VP)。到着したアフリカ軍団の増援に対して、英軍が守りに入って戦線が膠着。中盤3ターンで投了としました(下写真)。ここまでのプレイタイムは1時間ほど。

Cc_totensonntag_2008021004a

 今回の独軍は、3ターン12インパルス中4回に渡ってイニシアチブで6の目を出し、実質1/3は停止しているという悲惨な状態。ダイス次第で幅のある展開とはいえ、このロールの偏りは酷い。要領はつかみましたので、また再戦をお願いします。

|

« Arkham Horror:GGG02/10 | トップページ | CC:E Scenario Generator »

Ancients」カテゴリの記事

Cold War」カテゴリの記事

WWII/MF」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながら、対戦ありがとうございましたっ<[__]>>Totensonntag 微妙にサイの目がへたれてて申し訳ない[^^;

ただ、サイの目もそうだったんですが、自分としてももう少し積極的に出ればよかったとも思ってみたり。微妙に意識が防御的になってましたねぇ・・・マップ上で拠って立てる防御地形はないも同然ですから、そのあたりからなし崩しだったかも。

ともあれ、こちらとしてもまた対戦させていただければ幸いです~

それではっノシ

追伸:Grognardには、エラッタで修正された配置表が出てましたですな。
あと、自分としては「各インパルスでの移動力がプレイヤーの振った"Activation Number"によるのかユニットの"Initiative Number"によるのか、ちと確認してみたいところですね~

投稿: 海賊10番 | 2008年2月17日 (日) 09時16分

☆追伸の追伸~
ComsimWorldで探してみたら、デザイナーの方のこんな一言を発見:

"Initiative Number should be read as Activation Number - a cursed piece of text which somehow escaped the axe."(Corps Command Series:#320)

ということは、6.0項でMPは"Initiative Number(=Activation Number)"で決まるとあるので、移動できる距離もサイコロで決まってしまうことになりますな(爆)

投稿: 海賊10番 | 2008年2月17日 (日) 10時02分

☆まーちーがーえーたー

デザイナーさんの発言番号は#321でしたorz

投稿: 海賊10番 | 2008年2月17日 (日) 10時13分

情報感謝。
なるほど、全軍でゆっくり動くか、戦車だけ高速で突っ込んでくるのかという展開になるんですね。
なにはともあれまたやってみましょう。

投稿: N村 | 2008年2月17日 (日) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Totensonntag:GGG02/10:

« Arkham Horror:GGG02/10 | トップページ | CC:E Scenario Generator »