« The Devil's Cauldron(MMP):GCS09/28 | トップページ | 今週の到着物(3+1) »

The Devil's Cauldron(MMP):YSGA10/04

前回のゲームサークル坂戸に続いて、今月もy.nakano氏とThe Devil's Cauldronを連戦。双方システムに慣れてきたこともあり、朝から夕方までの間にIntermediate Scenarioを2本、Advanced Scenarioを1本と3連戦をこなすことができました。正直キャンペーンをプレイすることはあまり想定していないのですが、シナリオをこれだけ回せれば十分元を取った気分です。

TDC:The Empire Strikes Back

第82空挺師団戦区2日目、独軍の反撃を扱ったシナリオ。前回とは攻守を逆転しての再プレイ。前回は低練度な寄せ集め部隊での攻撃に泣きましたが、改めて米軍側を担当してみてわかる戦線のスカスカぶり。

Tdc_esb_2008100402a

この状態で中央のGrosebeek前面の降下エリア(濃緑)と右下川沿いのMookの街を朝から夕方まで守備しなければなりません。なんとかMook側は食い止めたものの、Grosebeek側では独軍主力のKG Beckerの迫撃砲とハーフトラック搭載対空機関砲が的確な射撃を繰り返し、損害がかさんで米軍敗北。

Tdc_esb_2008100409a

ついでにシナリオ設定を誤読していたことが判明。当日の増援部隊の降下が実際におこなわれるものと誤解していたため、両軍過剰に降下エリアを重視する戦いが繰り広げられました。これはこれで面白かったんですけど。


TDC:A Near Run Thing

The Empire Strikes Backに続いて、Advanced ScenarioのA Near Run Thingをプレイ。前のThe Empire Strikes Backから2日後、増強された独軍4個戦闘団による再反撃のシナリオです。担当は引き続きy.nakano独軍とN村連合軍。米軍側の戦力も空挺2個連隊に増強されたとはいえ、北から南まで守備範囲も広大に。四ヶ所の攻略目標に対し、独軍各1個戦闘団が迫ってくるイメージです。

Tdc_nrt_2008100402a

米軍の薄い戦線において、今回フルに活用されたのが観測拠点と米軍の電話の各ルール、そして砲兵連隊の間接砲撃です。連隊主力から離れた高所に陣取った空挺各部隊は、通常なら指揮範囲外となるところをオランダの電話回線を通じて所属連隊と連絡。戦線後方を移動隊形で進む独軍縦隊に砲撃を誘導し、大きな被害を与えました。

Tdc_nrt_2008100408a

この結果、第1ターンにWyler正面でKG Greschilkが敗走したのを皮切りに、夕方までに3個戦闘団がステップロス時の戦闘団敗走チェック(1/10)に相次いで失敗。連合軍側に第30軍団の戦車が到着したこともあり、ひとまず独軍投了となりました。わずか4個中隊とはいえ、改めて砲兵が戦場の女王であることを確認した一戦です。やはり観測ポイントとなる高地はきっちり制圧しておかないと危険ですね。ちなみに独軍側にも増援として最強火力の間接射撃ユニットであるネーベルヴェルファー中隊が投入されており、こちらはこちらで重弾幕が猛威を振るう砲撃戦が繰り広げられていました。

ふたたびJaap Been's Nijmegen Market-Garden homepageよりGroesbeekの観測点"South Mill" 今回は第508空挺連隊が布陣してネーベルヴェルファーと砲撃戦を演じました。


TDC:Race to the Bridge

最後はあまった時間で第1空挺師団の降下初日のシナリオ。Leopardルートを進む空挺主力の横合いに、KG Krafftの謎のロケット砲が飛来して大混乱。これを振り切った先頭の一個大隊がArnhem市街と道路橋に取り付くことに成功しましたが、空挺の損害多発により判定は独軍勝利となりました。

Tdc_rttb_2008100403a

ちなみに先日話題にしたKompanie Weberですが、Arnhem市街入口を塞ぐ絶妙のポジションで登場。しかし低い練度(TQ2)がたたって、突撃の手間すら惜しむ空挺部隊に次々と隣をスルーされる最貧ぶりを発揮していました。見せ場なのに……。

|

« The Devil's Cauldron(MMP):GCS09/28 | トップページ | 今週の到着物(3+1) »

WWII/WF」カテゴリの記事

GTS」カテゴリの記事

コメント

The Empire Strikes Backは正式なシナリオセットアップで対戦をもう一度やりたいです。
僕はドイツ軍をやりたいです。

投稿: y.nakano | 2008年10月 7日 (火) 21時01分

あのシナリオはギリギリ同士で緊迫した戦いが続くのがいいですね。プレイも手軽ですし。
ちょっと先の予定が立たないので、再戦についてはしばしお待ちを。

投稿: N村 | 2008年10月 8日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Devil's Cauldron(MMP):YSGA10/04:

« The Devil's Cauldron(MMP):GCS09/28 | トップページ | 今週の到着物(3+1) »