« Cthulhu Futghn:YSGA11/21 | トップページ | High Frontier:GCS11/28 »

TGF2010F&ゲームサークル坂戸11月例会:11/28

所用のため今月は日曜のみ参加。

日曜も午前中はテーブルゲームフェスティバル2010Fに参加。

現地合流した坂戸メンバーと連れだって、昼からの例会参加となりました。

テーブルゲームフェスティバル2010F

開場に合わせて一人で訪れたところ、早々に市川丈夫さんと遭遇。二人で各ブースを巡る旅に出ます。
まずは直前に販売が予告された Hundred Hours Battle 1973 を求めてグランペールへ。山田氏にもお会いして無事入手。
そのほかのウォーゲーム方面の収穫は SLGamer vol.1 だけでしたが、格安値でダイストレイを発見したり、Phil Eklund の最新作 High Frontier & Expansion を入手したりと、なんだかんだで荷物は膨らみます。

一通り見物を済ませた後は、お仕事で会場を後にされた市川氏別れ、特に示し合わせたわけでもなく集まってきた坂戸メンバーと合流。そのままゲームサークル坂戸へとなだれ込みます。

というわけで、以下はゲームサークル坂戸でのプレイ。

High Frontier(Sierra Madre Games)

購入即日の勉強会を開催。これについては別記事で。

ぶらうに~ばんじ~(冒険企画局)

2010112802a

buqbuq氏提供の本作を4人戦。
ダイスでランダムに入手した紐を繋げ、適当な長さになったと判断したら人形につないでバンジージャンプを敢行。床上10cm以内で留まればジャンプ成功で3VP。激突で1VP&ダメージ、床上10cmを越えるとチキン扱いで0VPというバカゲーム。ジャンプの成否に関わらず、使用した紐はすべて使い捨て。またジャンプしたプレイヤーが次のジャンプ場所を設定できます。トータル5VPで優勝となりますが、累積3ダメージで死亡となり、VPと手持ちの紐がリセットされます。
目測のみで所定の長さを作るのは結構難しく、次々と地面に激突。ギャラリー&プレイヤーともども大ウケ。

キャット&チョコレート/ビジネス編(Qvinta Essentia)

続いて午前中の購入品を4人戦。
イベントカードで提示されたピンチに対し、手札のアイテムを絡めたストーリーを創作して切り抜けるカードゲーム。
上手い言い訳を咄嗟に思いつくのも大変で、トラブルを回避できたのは結局一度のみという散々な結果に。

VerTIPPT nochmal!(Heidelberger Spieleverlag)

Vertippt_2010112802a

こちらもbuqbuq氏提供の4人戦。
様々なキーワードの書かれた場札の中から、他のプレイヤーのヒントを頼りに正解のカードを推測するゲーム。
またヒントはキーワードと無関係のリストの中から選択しなければならないのがポイント。当ててもらった人もポイントになるため、なんとか関連のありそうなヒントを選ぶのですが、これがなかなか難しい。一見見当違いに思えるヒントに惑わされると、ドツボにはまるゲームでした。

|

« Cthulhu Futghn:YSGA11/21 | トップページ | High Frontier:GCS11/28 »

GCS」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TGF2010F&ゲームサークル坂戸11月例会:11/28:

« Cthulhu Futghn:YSGA11/21 | トップページ | High Frontier:GCS11/28 »