« 2192 Invasion Earth : GGG 2012/06/10 | トップページ | High Frontier 初版→最新版ルール変更点 »

High Frontier : GGG 2012/06/10

この日のメインゲームとして、午後より High Frontier 会を開催。
初プレイ2名を含む5人プレイで、いきなり拡張ゲームを試してみるというスパルタ塾となりました。

High Frontier - Sierra Madre Games()

今回のプレイでは、いつものショートゲームに加えて Free Market で複数のカードをまとめて売却できるローカルルールを採用。特許ロンダリングの回転を速め、マーケットの活性化とゲームの展開を速めることを意図したものですが、概ね想定通りの効果が得られました。また技術的に行き詰まった際の方針転換も容易になったため、しばらくはこのルールで試してみたいと思います。

展開は清水、中国、ESA の3勢力が火星圏をシェア。ソーラーセイルの国連は、内惑星圏の小惑星を黒く染める苦しい展開に。ソーラーセイルは運のしの内圏小惑星の開発に失敗すると、次の目標に到達するためにはピーキーなセッティングや着陸ルールの熟知が必要となります。燃料不要の利点を差し引いても、初心者には勧めるべきではなかったなぁ、と反省です。

NASA のN村は、Project Orion の実用化に成功するという幸運に恵まれたものの、お目当ての Nysa 族の開発に失敗。木星近傍を大回りして、Lutetia で最初の工場を建設します。個人的には僻地のイメージがあった Lutetia(3M)ですが、実は地球から直行するとわずか4噴射で到達できることが判明。未だに未開拓ルートの発掘される High Frontier です。

結果は時間切れで終了でしたが、迷走した国連を除く全陣営とも工場建設に成功。いち早く Deimos を開発し、月にも工場を建設した ESA が一歩リードといったところ。NASA も Vesta に2個目の工場を建設していましたので、国連が確保した Ceres に工場を建設できれば、7工場で終了という状況でした。プレイ時間はインスト込み4時間強。

|

« 2192 Invasion Earth : GGG 2012/06/10 | トップページ | High Frontier 初版→最新版ルール変更点 »

GGG」カテゴリの記事

High Frontier」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: High Frontier : GGG 2012/06/10:

« 2192 Invasion Earth : GGG 2012/06/10 | トップページ | High Frontier 初版→最新版ルール変更点 »