« High Frontier : GCS 2012/07/01 | トップページ | High Frontier : GGG 2012/07/08 »

Guerilla : GGG 2012/07/08

「ウォーゲームだもの:Guerillaをソロプレイ」()の話題から、本作を未プレイで死蔵していることをお伝えしたところ、たかさわさんより抄訳の提供が。
これはさっそくプレイせねばなるまいと、週末の GGG でプレイしてきました。

Guerilla - Avalon Hill()

架空の途上国を舞台に、政府軍と反政ゲリラの抗争を扱ったマルチプレイヤー・カードゲーム。いずれのプレイヤーも両陣営の部隊を同時にプレイでき、倒した勢力により個人点と陣営点を得点。最終的に公開された所属陣営により、陣営の勝敗と個人点が修正されるのがポイント。最近はやりの正体隠匿系のはしりのようなゲームです。デザイナーは Enemy in Sight や Up Front!: Desert War を手がけた Neal Schlaffer でした。

一戦目はルールを読み込みながらの3人戦。ダイス判定の成功率が厳しいけど、まぁこんなものかとプレイしていたところ、終了直前に6面ダイスではなく10面ダイスゲームであることが発覚。これは酷い。

Guerilla_2012070801a

二戦目は High Frontier の終了後に4人戦。政府軍N村は序盤に両陣営で高得点を稼ぎ、どっちつかずの順調な滑り出し。中盤から大規模な政府軍の展開を進め、追い込みに入ります。しかしイベントの Revolution で所属をゲリラ側に強制変更。部隊の転換が間に合わず、終盤で息切れ。結果は序盤に確保した Bridge で他のプレイヤーの部隊配備を的確に妨害し、終盤に一気にゲリラで得点をのばした toshiminy氏の勝利。

意外に細かいルールが多く、昨今のユーロゲームほど手軽ではありませんが、プレイ時間はそれぞれ1時間ほど。ルールを読んだ印象よりは手軽なゲームでした。とはいえまだまだルールミスがありましたので、引き続き人柱を募集中です。

|

« High Frontier : GCS 2012/07/01 | トップページ | High Frontier : GGG 2012/07/08 »

GGG」カテゴリの記事

Guerilla」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Guerilla : GGG 2012/07/08:

« High Frontier : GCS 2012/07/01 | トップページ | High Frontier : GGG 2012/07/08 »