« ゲームサークル坂戸11月例会 : GCS 2012/11/25 | トップページ | きのこ&ラブレター : Immelmann 2012/12/01 »

Pax Porifiriana : Immelmann 2012/12/01

今週はImmelmannにて、突発Pax Porfiriana会を開催。

Pax Porfiriana - Sierra Madre Games()

今回は初プレイ3名を含むインスト5人戦。

Pax_porfiriana_2012120101a

序盤のメキシコ情勢は、経験者2人の担当するReyes派(forger氏), Orozco派(N村)が順当にリード。両者ともDiaz体制下での後継者を狙い、Loyalityの獲得に勤しみます。特にReyes派は最初の2回のトップルを率先してプレイ。危うく終了するところでしたが、これはOrozco派とTerrazas派(HA氏)に阻止されます。

続いて中盤を湧かせたのが、革命的勝利を目論むMadero派。続いたPax Porfiriana体制が同派の策謀によりAnarchyに転覆したのを皮切りに、メキシコ国内は争乱へ。企業の接収や恐慌が相次いだ結果、メキシコ国内の鉱山や商工業に重点を置いていたReyes, Orozco, Maderoの各派は、勢力が半壊する被害を被ります。

この恐慌はReyes派の尽力でなんとか治まりましたが、相対的に勢力を伸ばしてきたのがTerrazas派とShepherd派。Terrazas派はChihuahu州の大農場を、Shepherd派はアメリカ企業をそれぞれ地盤としており、メキシコ恐慌の影響をほとんど被らずに中盤を乗り切ります。両者ともPrestageをほとんど稼いでおらず、トップル勝ちは望めない状況でしたが、トップル狙いの勢力が相次いで沈没した結果、時間切れ勝利判定の可能性が浮上。最後はなんとか足を引っ張ろうとする3派の追撃を振り切り、Terrazas派とShepherd派の資金競争に。結果は第4トップル終了により、Shepherd派の判定勝利となりました。

プレイ時間は3時間ほど。さすがにインスト5人戦かつ最終第4トップル終了という状況ではプレイ時間が延びました。このあたりがプレイ時間の目安としては最長例となるのではないかと思います。

|

« ゲームサークル坂戸11月例会 : GCS 2012/11/25 | トップページ | きのこ&ラブレター : Immelmann 2012/12/01 »

Immelmann」カテゴリの記事

Pax Porfiriana」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pax Porifiriana : Immelmann 2012/12/01:

« ゲームサークル坂戸11月例会 : GCS 2012/11/25 | トップページ | きのこ&ラブレター : Immelmann 2012/12/01 »