« HF Colonization game : GCS 2013/08/24,25 | トップページ | Where Eagles Dare : 城北会 2013/09/15 »

信長後継者戦争 : GGG 2013/09/08

この夏はHigh Frontierが続いたため、気分を変えて週末のGGGには新作のマルチを投入。
「マミさんのティロ・ディエース」「異能力ポーカー」のウォーミングアップに続いて、久しぶりに閉会までの長時間プレイとなりました。

信長後継者戦争 - ゲームジャーナル48号()

本能寺の変後の信長遺臣団による後継者争いを、Successorsのシステムで再現した3人用ゲーム。個人的にもお気に入りながら、テーマと難易度からプレイ機会もめっきり減ったSuccessorsですが、同様のシチュエーションで馴染みのテーマということで、早速本作も入手、プレイしてみました。

ベースとなるシステムは、前述のようにカードドリブン・マルチの古典Successors。もちろん忠臣度や簒奪者、反逆状態をめぐる駆け引きは健在です。ただし本誌の充実したデザイナーズノートでも度々述べられているように、全体的に簡略化、普遍化が進められており、ルール自体の難易度はかなり低減されています。また独自要素として追加されたユニットごとの「本領」のルールは、戦国時代らしい面白いルールです。

気になる陣営分けは、明智・柴田・羽柴の3勢力をメインとして、残る「信孝・信雄・三法師」「毛利・長曾我部・滝川」「上杉・北条・徳川」の各セットから1勢力づつを担当。1プレイヤーあたり合計4勢力を担当することになります。必ず明智と信長の子息が組むのはどうなのか?という問題はありますが、地域や特性でカテゴリ分けをしたうえでの組み合わせとなるため、バランス面での配慮がされているのはSuccessorsとは異なる点です。

また4勢力を担当するため、SuccessorsでいうところのMajor Genaralに相当する「大名」も各4名を担当(正当値のみでユニットのない三法師陣営のみ3名)。加えてMinor General相当の「指揮官」も相応に存在するため、手数に比例して手番あたりのプレイ時間も長めです。このためルール自体は簡略化されているもののプレイ時間はSuccessors以上で、ゲーム完遂には公称通りの6-8時間は必要と思われます。今回はインストしたN村以外はSuccessors未経験という事もあり、全4ターン中3ターン目冒頭までのプレイに6時間弱を要しました。

Gj48_2013090801a

今回の陣営分けは、K氏「明智・信孝・滝川・北条」、Y氏「羽柴・三法師・長曾我部・徳川」、N村「柴田・信雄・毛利・上杉」という布陣。N村は伯耆・備中の毛利支配を条件に、毛利中立化を羽柴に提案。史実通り羽柴全軍での大返しと、南下する柴田との共同による明智挟撃で話をまとめます。逆賊討伐戦の開始です。

東国情勢は、滝川との同盟でフリーハンドを得た北条勢が東海道へ進出。家康不在の徳川領に迫ります。対する反明智陣営は、上杉が滝川を釘付けにするのが精一杯。留守部隊の奮戦で遠江決戦は徳川側の辛勝に終わりましたが、第2ターンにも家康帰還カードを引けなかった徳川から悲鳴が上がります。

西国では堺へと渡海した長曾我部を信孝が討ち取ったものの、続く池田攻めを強行して逆に敗死。この間に羽柴勢が亀山へ、柴田勢も敦賀へと集結を完了します。信孝を失って西国への橋頭保を失った明智は、優勢な東国への転身を決断。京と坂本に殿を残し、南近江路へと脱出します。

ここで動いたのが、越前からの南下をうかがっていた柴田勢。殿を残したため弱体な佐和山の光秀本隊に対し、長浜の明智領を押し渡って勝家本隊が南下強襲。千載一遇の機会に決戦を挑みます。しかし12対9とまずまずのオッズだったにも関わらず、この決戦に柴田勢は無為に敗北。敵地のため撤退もままならず、軍勢は四散のうえ勝家、前田、金森らが討ち死にするという惨敗を喫します。

柴田勢を撃退した光秀本隊は、美濃に入ると四方へと分散。光秀自身は清州へと至り、美濃・尾張の制圧を進めるとともに、徳川攻めを進める北条勢と連携する構えを見せます。

ここで空白となった近畿の制圧と、光秀追討・徳川救出を秤にかけた羽柴は、熟考のすえ東進を決断。「大返し」に続くダブルムーブで清州の光秀を捕捉。見事な大返しにより光秀を討ち取ることに成功します。

そして光秀を打ち取った羽柴は、近畿の地盤固めのため近江へと反転。見捨てられ壊滅は時間の問題化かと思われた徳川も、明知が握りこんでいた「神君伊賀越え」を放出したため復活。唯一残された吉田を拠点に、北条・滝川連合の第二次攻撃を退け窮地を脱します。

Gj48_2013090803a

この第2ターン終了の時点で、各勢力ともVPは僅差。正当性は仇討に成功した羽柴が大きくリード、といったところ。清州会議も発生しておらず、勝敗の行方も依然不明でしたが、時間切れのため今回はここで協議終了。さすがに初見では状況に対処するのが精一杯で、本格的な対戦は次回以降となりました。

|

« HF Colonization game : GCS 2013/08/24,25 | トップページ | Where Eagles Dare : 城北会 2013/09/15 »

GGG」カテゴリの記事

GJ48 信長後継者戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信長後継者戦争 : GGG 2013/09/08:

« HF Colonization game : GCS 2013/08/24,25 | トップページ | Where Eagles Dare : 城北会 2013/09/15 »