« Immelmann 2月例会:2014/02/01 | トップページ | Pancho Villa : GGG 2013/02/09 »

Holy Land : GGG 2014/02/09

今月のforger氏との対戦は、Hell's Highwayを一休みして、再びModern Warへ。

Holy Land: The Next Arab-Israeli War - Modern War#8()

forger氏提供。イスラエルを挟んでエジプトからシリアまで、「次のアラブ対イスラエル戦争」の仮想戦ゲーム。

システムはMiranda先生最近のお気に入りのDecision: Iraq系。VP兼用の「ネットウォーポイント(NWP)」を消費して部隊をリクルート。民生活動、ゲリラ戦、物理戦闘の3種のCRTを駆使し、戦闘結果により「ネットウォーポイント」を得失。「アンダーグラウンド・ボックス」支配による、地域インフラの掌握に重点が置かれています。

この「次の中東戦争」の情勢は、アラブ側プレイヤーがNWPを消費して、アラブ側の参戦国を決定。これに対してイスラエル側がNATOの介入・非介入を決定し、参戦国の部隊を動員して戦争が開始されます。残るアラブ諸国やNATOは、ゲーム途中からNWPを消費して参戦することも可能です。

Mw08_hl_2014020903a

今回のN村の担当はアラブ側。1戦目はエジプト、パレスチナ、レバノンを動員。forger氏率いるイスラエル側は、緒戦からNATOの介入を要請します。先手をとったアラブ側は、パレスチナのジハーディスト部隊を西エルサレムに浸透させ、市街でのテロに成功。またエジプト、レバノン軍が南北からイスラエルに侵攻します。イスラエル側は西エルサレムのジハーディスト部隊を、正規軍部隊で蹂躙。しかしこの物理戦闘でオーバーキルが発生し、イスラエル側が大量失点。その他諸々の作戦失敗と併せて、NATO介入要請で危険域に突入していたイスラエル側のNWPが一瞬で枯渇。イスラエル軍の虐殺行為を非難する国際世論が高まり、1ターンでアラブ側の勝利に終わりました。

要領はわかったね、ということで、気を取り直しての第2戦。今度のアラブ側は、緒戦ではパレスチナと外国人義勇兵のみを動員。民生活動(という名のテロ)による慎重な得点からスタートします。イスラエルはガザ地区に正規軍部隊を投入して、容赦ない弾圧の構え。この救援のためアラブ側は第2ターンにエジプトを動員し、紛争は戦争へと一気に拡大します。

機甲部隊をかき集めたエジプト軍は、ガザ地区にこのほぼ全軍を投入して、イスラエル軍部隊を撃退。テルアビブまで2エリアに迫ります。対するイスラエル軍も、主力の機甲部隊をシナイ半島の中央に投入。両軍とも相手の急所を狙って左ストレートを放ちます。

Mw08_hl_2014020905a

続く第3ターン、エジプト軍は空挺部隊でイスラエル軍主力の後方を遮断すると、イベント「弾幕射撃」によりイスラエル軍主力を包囲殲滅(※ルールミス)。さらに勝ち馬に乗ってヨルダン軍が参戦。主力の転身したヨルダン川を突破し、東エルサレムとウェストバンクを解放。この国家存亡の危機にイスラエルは……というあたりで、ルール、カウンターのエラッタに対するストレスに両軍プレイヤーのモラルが崩壊。ひとまずゲームは終了となりました。

Decision: Iraqを発展させたシステムで、正規軍戦・不正規戦を並行させた新世紀の戦争を再現、という意図は個人的にも好みの方向性なのですが、いかんせんハード、ソフト両面の調整に難あり。特に全体の1/4に及ぶカウンターエラッタには閉口しました。「斬新な試みは買うが、ディペロップが甘い」という典型的な悪いミランダゲーで、評価はルールと差し替えカウンター(Modern War#10収録)が整備されてからに持ち越しです。

2014/02/20 追記。差し替えカウンターは定期購読者向けの配布だった模様。
2014/03/11 定期購読者以外にも、差し替えカウンターの配布が行われていた模様。出戻り様コメント参照。
2014/04/07 「弾幕射撃」はポイント獲得以外の効果を無視。

|

« Immelmann 2月例会:2014/02/01 | トップページ | Pancho Villa : GGG 2013/02/09 »

GGG」カテゴリの記事

MW08 Holy Land」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。 人柱的(新作現代戦ゲーム)プレイ、楽しく拝見させて頂いています。
Holy Landのエラッタカウンター、定期購読者のみ配布という訳では無い様で、DG社に直接連絡を取れば入手可能な様です。
私が購入した国内のオンラインショップでは、仕入れた本誌の数と同数のエラッタシートしか配布されなかった為、購入者に対してだけしか配布できなかったとの事です。

またCSW Forumを見る限り、エラッタカウンターを送ったからそれで良いよね?と言う事で“訂正ルールをModernWarのE-Ruleで公開”は反故になった様です。
クロノノーツさんで公開されている和訳にはCSW Forumで公開されたエラッタ集が適用されていて、一読して判る様なエラッタには全て対応しているようです。


投稿: 出戻り | 2014年3月 9日 (日) 23時46分

エラッタカウンター情報ありがとうございます。
内輪ではModern War誌は定期購読者ばかりで、情報が混乱しておりました。
重ねて情報提供、感謝いたします。

クロノノーツのMW誌和訳は、毎回丁寧な仕事ぶりが素晴らしいですね。
いつも活用させていただいております。

投稿: N村 | 2014年3月11日 (火) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Holy Land : GGG 2014/02/09:

« Immelmann 2月例会:2014/02/01 | トップページ | Pancho Villa : GGG 2013/02/09 »