« ASAT : SoGC 2018/09/16 | トップページ | John Company : GCS 2018/09/30 »

戦国ふぁいと : GCS 2018/09/29

9月の坂戸例会は、前週の体調不良のため大物開催はなし。
土曜は突発マルチ卓に参加してきました。

「戦国ふぁいと」ツクダホビー()

坂戸某氏提供。「戦国大名」を皮切りに、1990年代初期に多数制作された戦国マルチの一作。N村は今回が初プレイです。

ゲームシステムは領地の国力に応じて戦力を拡大してゆく、簡易「戦国大名」的なオーソドックスな領地拡大もの。珍しいのは武将カウンター&兵力カウンターではなく、武将カウンター自体が戦力駒となっているところ。戦力駒がすべてネームドで能力の異なるユニークカウンターとなっている、とでも言うべきでしょうか?当時としては珍しいシステムです。

2018092903a

今回は本州中央部を舞台とした5人戦。N村家はゲームエリア西端近くの丹波からのスタート。序盤の周辺平定を終えたあたりで、南近畿を押さえる高田馬場夫家からお市の方(強制的に同盟を結ばせる特殊武将)が輿入れ。これで進出路が日本海側のみとなったため、高田馬場夫家と共に南北から近江を拠点とする坂戸某家を圧迫。相次ぐ一向一揆にによる混乱にも助けられ、坂戸某氏を北近江の本城に押し込めるまでに至ります。

2018092904a

しかしこの近江平定を目前に、同盟を破棄した義兄・高田馬場夫家が突如丹波のN村本城へと侵入。N村本隊も急遽本国へと取って返しますが、相次ぐ坂戸某家本隊との連戦により消耗していたN村勢は本城決戦に敗北。この一戦で本城を失ったN村家は滅亡し、同領を併呑した高田馬場夫氏の勝利に終わりました。

|

« ASAT : SoGC 2018/09/16 | トップページ | John Company : GCS 2018/09/30 »

戦国ふぁいと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦国ふぁいと : GCS 2018/09/29:

« ASAT : SoGC 2018/09/16 | トップページ | John Company : GCS 2018/09/30 »