« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

No Mercy : GCS 2018/10/21

昨年11月からのUrban Operations, Fulda 1985キャンペーンも、ようやく最終回に到達。

続きを読む "No Mercy : GCS 2018/10/21"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Greenland & ASAT : GCS 2018/10/20

坂戸10月例会土曜日は、ルール確認案件の入った小品2作をプレイ。

続きを読む "Greenland & ASAT : GCS 2018/10/20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pax Emancipation : ゲームレビュー

この惑星上の1/4を統べていた大英帝国においては、奴隷制廃止論などとても考えられないことであった。にもかかわらず、草の根の努力に啓発された何千もの署名を受けた議会への奴隷制度反対の訴状により、英国は1808年に歴史的な奴隷取引禁止令を発布した。英国は1833年から1843年にかけて奴隷制を廃止し、これに続く勇気ある活動家たちは、必要であれば武力を用いてでも、世界の奴隷制を終わらせることを決断した。ナポレオン戦争の最中でさえ、英国海軍は大きな犠牲を払って世界中の国々に対する奴隷廃止のための封鎖、政治的強制、経済的収賄、砲艦外交を繰り広げた。英国は何十年にも渡り単独でこうした活動を続けていたが、反奴隷制運動が西洋文明の道徳意識を席巻したことにより、1888年には最後の西欧国家(ブラジル)が奴隷を解放した。非西欧諸国においては、この戦いはその後も続けられた。21世紀の今日において、最後まで残された国々も奴隷を犯罪化した。本ゲームは、自由 と個人の権利 のためのこの世界規模の奮闘を扱うものである。
Pax Emancipation - A1. 歴史的背景

続きを読む "Pax Emancipation : ゲームレビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pax Emancipation 和訳ルール

Pax Emancipation - Sierra Madre Games()

Pax Porfiriana(メキシコ革命)、Pax Pamir(グレートゲーム)、Pax Renaissance(ルネサンス経済)に続くPaxシリーズ第4弾。デザイナーはPhil Eklund.

啓蒙思想の発展を背景とし、18世紀末から20世紀初頭にかけて全世界に広まった奴隷制度廃止運動を、同運動を主導した大英帝国の立場で挑戦する協力ゲーム。3名までのプレイヤーは、議会急進派、宗教界(キリスト教福音派)、経済界(博愛主義的な貿易商&探検家)のいずれかの立場でゲームに参加します。

ゲーム開始時の大英帝国の威光は圧倒的で、自由貿易と博愛思想の障害となる有形無形の障壁を内政干渉を駆使して粉砕。現地政府などお構いなしに砲艦外交、植民、布教、交易に勤しみ、人権思想の普及とグローバル経済圏の樹立に邁進します。

しかし英国の介入で啓蒙思想に目覚めた世界の各地域は、皮肉にも自己決定権にもとづく近代国家として次第に英国の影響下からは離脱。世界が民族自決と文化相対主義に目覚めるタイムリミットまでに、どれだけの人々を経済的、知的奴隷の境遇から救うことができるかが争点となります。

 

Pax Emancipation 和訳ルール(BGG)

BoardGameGeekにて公開しています。

2021/01/15 JPv3.0公開:2021/01/14版
2018/12/10 JPv2.1公開:2018/11/04版(プレイエイド誤記訂正)
2018/11/20 JPv2.0公開:2018/11/04版(プレイエイド追加)
2018/10/09 JPv1.1公開:2018/09/27版

◆JPv3.0更新もれ

J6. 競争プレイでの工場のトークンVPは「隣接する船の数の2乗VP」

◆2021/01/14版の主な変更点

「エージェンシー」Agencyに関する記述全般を削除またはエージェント、アドミンに差し替え。
C7. Basic Gameバリアントでデッキ枚数を削減。
D1. 造船(F3)で建造できる船トークンをアクション毎に1個と明記。
E5. 砲艦外交の実施回数の明確化を追加。造船(F3)と商船(M5)は対象の海兵隊のみ。海事OP(G1)では任意の数の海兵隊。
G1. 海事OPでは、活性化させたすべての海兵隊が砲艦外交を実施可能と明記。
G5. 教育の前提条件(自色エージェント)を明記。
H2. 象歩きで他に選択の余地がない場合は風土病、近代国家スフィアに進入可能に変更。
H3. 文化拡散で革命が失敗した場合、配置されていた革命派の処理を破棄から虐殺に変更。
I2. 複数のヘイトが発生した場合の処理を、任意の順番と明記。
J. すべてのスフィアが近代国家となった場合もゲームが終了する。
J4. 3人プレイ時のみ、勝敗ラインを75VP/100VPに変更。
K1b. 革命勃発時に反体制派が同色全配置だった場合の革命派配置処理を、強制に変更。
K5. 近代化で維持されるトークンに、無政府状態ディスクが含まれることを明記。
K6. 革命法5で革命派エージェントを配置できないスポットとして、近代国家と工場を持たない場合の風土病スフィアを追加。またこの配置は象アクションとはみなさず、象移動は発生しないことを明記。革命法7(産業革命)はプレイヤー毎に1回のみ、一回の革命で複数のプレイヤーが達成できることを追加。
用語集:数の暴力Tyranny of the Majority (G7)で 一般意思に配置できるカードの上限は「建国の父」を含む5枚と明記。
用語集:地下鉄道Underground Railroadは、該当Opの効果として象が移動してくる場合も適用可能と明記。

◆2018/11/04版の主な変更点

A6. 赤プレイヤーの反啓蒙思想判定を「海兵隊数」marineから「赤エージェントred agent(基本エージェントdefault agent含む)」に変更。最終VPの「プレイヤーと同じ政治姿勢のスフィア内のトークン」の価値を2VP→1VPに訂正。
G. オペレーションの実施者に革命派エージェントrevolutionary agentsを明記。
J4.得点対象のトークンに海兵隊marineを追加。
K6-7. 工場factoryがポグロムpogromで除去されうることを明記。
Grossary. 近代国家modern stateが難民refugeesの影響を受けることを明記。

 

Pax Emancipation Study Book(BGG)

東西イデアカード、革命カードのフレーバーテキスト、奴隷商、バリアーチットの名称を和訳した一覧。
読まなくてもプレイに支障はありませんが、読んでおくと一層楽しめます。

2018/12/08 JPv1.0公開

 

蛇足

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Great Escape : SoGC 2018/10/06

先月の第4話に続き、今月のソフィアゲームクラブでもUrban Operationsフルダキャンペーンを開催。

続きを読む "The Great Escape : SoGC 2018/10/06"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »