« Bear Flag Republic : RBT 2021/02/23 | トップページ | The Shores of Tripoli : 山田邸 2021/02/27 »

Bear Flag Republic : 山田邸 2021/02/27

今週の突発ゲーム会は、19世紀アメリカ史より「忘れられた戦争」2題を連戦。
まずは懸案の「カリフォルニア共和国」より。

Bear Flag Republic - Quarterdeck International ()

Bear Flag Rebellion, 1864/05-08.

一戦目はインストを兼ねて前半戦シナリオから。N村率いるメキシコ軍は、序盤のカリフォルニア共和国勢に対してSan Pablo付近での抵抗を試みます。ここで一旦は反乱軍(山田氏)を追い返したメキシコ軍でしたが、Montereyに上陸したアメリカ海兵隊に背後を絶たれ、サンフランシスコ半島のYerba Buenaに追い込まれて壊滅。

Bfr-2021022707a

7月末までに北部をアメリカ側に制圧されます。とはいえこれで貴重な時間を稼いだ結果、南部の制圧は海兵隊による海上機動に託されます。戦力的に心もとない海兵隊でしたが、2度にわたる攻撃により、なんとか最終ターンまでにLos Angelesの占領に成功。最終ターンまでもつれ込みましたが、順当にアメリカ側の勝利となりました。プレイ時間は2時間弱。
短期間のイントロ戦かと思いきや、意外に白熱する展開のシナリオでした。

California Rising, 1864/09-1865/02.

続けては後半戦。一旦はカリフォルニアの主要拠点を制圧したアメリカ軍に対し、メキシコ側民兵が南部を中心に蜂起反撃するシナリオです。引き続きN村の担当するメキシコ軍は、初動で首尾よくLos AngelesとSan Diegoからアメリカ側の守備隊を追い払うことに成功。Los Angelesを拠点に後続部隊を集結させます。対するアメリカ側は、陸海から部隊を南下させると、一進一退の攻防の末にLos Angelesを奪回。San Diegoに向けてメキシコ軍主力をじわじわと圧迫してゆきます。

Bfr-2021022722a

この間に前後して北部で蜂起したメキシコ民兵が、内陸を迂回してベアフラッグ派の本拠であるSutter's Fortを奪取。とはいえ総兵力に劣るメキシコ軍の攻勢もここまで。12月末の時点でSutter's Fortの包囲が完成し、北部メキシコ軍の壊滅は時間の問題。この時点でアメリカ側の勝利は動かない状況となったため、1864年一杯でメキシコ側の投了となりました。プレイ時間は2時間弱。
こちらはシナリオの展開は史実に沿っており問題はないのですが、勝利条件の詰めが甘く、ゲーム的にはメキシコ側の勝ち目はないんじゃないの?という感想戦に。本命はキャンペーンゲームで、「南部カリフォルニア蜂起」のフラグを立てずに抵抗する展開なんでしょうか?

|

« Bear Flag Republic : RBT 2021/02/23 | トップページ | The Shores of Tripoli : 山田邸 2021/02/27 »

BFR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bear Flag Republic : RBT 2021/02/23 | トップページ | The Shores of Tripoli : 山田邸 2021/02/27 »